東京五輪ボランティア英会話最速マスターコース

東京オリンピック・パラリンピックやラグビーワールドカップなどビッグスポーツイベント目前。あなたも英会話でおもてなし。

2020年にブルーインパルス再び

1964年大会で空に舞ったブルーインパルス

 

1964年の東京オリンピック大会開会式で会場を沸かせたブルーインパルス

 

当時を知らない世代でも映像で何度も目にしているはず。

 

そのブルーインパルスが2020年に神宮外苑の空に再び飛来するようです。

 

実は都内上空での飛行は様々な法律によりかなり難しいようですが、

 

2度目のオリンピックということで、そのあたりはクリアできるのでしょう。

 

ブルーインパルスにまつわる英語

そもそもブルーインパルスとは航空自衛隊に所属する曲技飛行(アクロバット飛行)隊の愛称です。

 

彼らの任務は展示飛行が専門。航空自衛隊唯一の部隊です。

 

英語での呼び方はそのままBlue Impulseです。

 

曲芸飛行のことは英語で aerobatics(エアロバティックス)と言います。

 

アクトバットとエアロを組み合わせた言葉ですね。

 

次に技についてです。

 

八の字飛行のことをCuban Eightキューバンエイト)と言います。

 

64年大会は5機の飛行機がそれぞれの色で五輪の輪を描きました。

 

進行方向に上昇しながら一回転することをinside loopインサイドループ)、反対に進行方向に加工しながら一回転することをoutside loop(アウトサイドループ)と言います。

 

普段は宮城県松島基地を本拠地とするブルーインパルス

 

2020年にはどんな伝説を作ってくれるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

2020年東京五輪期間中に首都圏の鉄道終電が深夜2時過ぎ頃に

オリンピック期間中は終電が延長

 

東京オリンピックパラリンピック組織委員会によると、2020年のオリンピック期間中は鉄道の終電を繰り下げる方針で鉄道と協議しているとのことです。

 

これはオリンピック競技の終了時間が深夜遅くになる場合があるためです。

 

パラリンピック大会については、試合終了が深夜になることがないため、終電の繰り下げは行わないそうです。

 

これはボランティアにとっても素通りできないニュースです。

 

なぜならボランティアは試合が終了し、観客のみなさんが帰ったあとに活動終了となるからです。

 

昨年の平昌オリンピック・パラリンピックでも、試合終了後に会場に残されたボランティアが帰宅手段がなく、立ち往生している状況が報道されました。

 

また新国立競技場がスタートとなるマラソン競技でもスタートが早朝になることが議論されています。

 

試合の準備は数時間前から始まりますので、当然通常であれば電車が動いていない時間にボランティア活動場所まで移動しなければなりません。

 

ボランティア用の宿泊施設などが用意されるのかは現時点ではわかりませんが、2時ころまで終電があれば、終電に乗って活動場所へ移動、早朝4時ころからのマラソン開始準備に入るといったことも可能かもしれません。

 

現在、深夜帯の運行を検討している事業者以下のとおりです。

 

JR東日本

京浜急行電鉄京急

・東京臨海高速鉄道

東武鉄道東武

東京地下鉄東京メトロ

・首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス

西武鉄道(西武)

相模鉄道(相鉄)

埼玉高速鉄道

京成電鉄(京成)

北総鉄道

東京都交通局

京王電鉄(京王)

東京モノレール

横浜市交通局

小田急電鉄小田急

ゆりかもめ

東京急行電鉄(東急)

横浜高速鉄道

 

 

 

東京オリンピックをロボットオリンピックに!

2020年はロボットが大活躍?

3月15日に東京オリンピックパラリンピック組織委員会が2020年の大会をロボットオリンピックとすることを発表しました。

 

平たく言うと、いろんな場面でロボットが登場し、大会をスムーズに進め、観戦しやすくする環境作りをしてくれるということです。

 

障害者の案内をするロボットや、自由に動き回ることが難しい障害のある方に対し、タブレットで注文を受け付け、席まで品物を運んでくれるロボットなどが登場するようです。

 

きっと翻訳をして外国人を案内してくれるロボットも登場するのでは?と思っています。

 

携帯式の翻訳機だって以下のようにいろいろあるのだから、きっと2020年には翻訳ロボットが登場していることでしょう。

 

 

ボランティアもロボットとタッグを組んで案内や競技サポートをするようになるかもしれませんね。

 

いわゆるロボットの枠にとどまらず、体に装着して重いものを運ぶのを手伝ってくれるウェアラブルロボットなども含まれるようです。

 

万博の時にはトヨタのバイオリンを弾くロボットなどもありましたよね。

 

個人的にはロボットがかわいかったら来場者の人との良いコミュニケーションテーマになるのではと期待しています。

 

 

 

 

 

 

オリンピックスポーツのピクトグラム発表

スポーツピクトグラム発表

3月12日のオリンピック500日前イベントでスポーツピクトグラムが発表されました。

f:id:hotels:20190315215256p:plain

2020東京五輪ピクトグラム

今回はオリンピック競技のピクトグラムとなり、パラリンピック競技のピクトグラムはまた後程発表されます。

 

スポーツピクトグラムは日本発祥?

ところで皆さんは日常の生活の中で見かけるトイレや非常口などのピクトグラムが、1964年の東京五輪をきっかけに世界に広まったことをご存知でしょうか。

 

1964年のオリンピック、多くの外国人を極東の異なる文化に迎えることもあり、「デザインでのおもてなし」として考案されました。

 

これが来日した外国人に受け入れられ、その後世界に広がっていったのですね。

 

耳が聞こえない方への案内にも

ピクトグラムは言語が通じない時だけでなく、聴覚障害がある来場者に案内をするときにも役に立つでしょう。

 

もちろんピクトグラムだけで説明ができるわけではありませんが、組み合わせによってわかりやすく伝えることができます。

 

2020年には世界や日本各地からいろいろな人がオリンピックに訪れます。

 

ボランティアマスターを目指すみなさんはぜひいろんな視点で準備し、おもてなしできるようになりたいですね。

 

 

 

東京オリンピックの会場の英語名②:ボランティア英会話

東京オリンピック競技会場の分布

会場分布については一つ前の記事で紹介しているのでご覧ください。

 

volunteerenglish2020.hatenadiary.jp

 

 

東京ベイゾーンの16の競技会場

有明アリーナ → Ariake Arena

新しく整備されるアリーナ会場でバレーボールの会場として使用されます。

 

有明体操競技場 → Ariake Gymnastics Centre

仮設で整備される競技会場です。木造の屋根や外観で日本らしさをアピールする会場となっています。

 

有明アーバンスポーツパーク → Ariake Urban Sports Park

自転車競技のBMXレーシング、BMXフリースタイルの他、スケートボードが実施され、アーバンスポーツの中心地となります。

 

有明テニスの森 → Ariake Tennis Park

テニスの聖地とされている有明テニスの森、オリンピックでもテニスの会場として使用されます。

 

お台場海浜公園 → Odaiba Marine Park

観光スポットともなっているお台場海浜公園ですが、大会時には仮設でマラソンスイミングとトライアスロンの会場が整備されます。

 

潮風公園 → Shiokaze Park

レインボーブリッジを背景にビーチバレーの会場が整備されます。

 

青海アーバンスポーツパーク → Aomi Urban Sports Park

3x3 バスケットボールやスポーツクライミングが実施され、若者注目のフェス空間が作られることでしょう。

 

大井ホッケー競技場 → Oi Hockey Stadium

ホッケー場として新たに整備されます。大会後は多目的競技場となります。

 

海の森クロスカントリーコース → Sea Forest Cross-Country Course

馬術クロスカントリーコースが仮設で整備されます。

 

海の森水上競技場 → Sea Forest Waterway

埋め立てて造られた防波堤の間に直線コースで設けられたカヌースプリントとボートの会場です。

 

カヌー・スラロームセンター → Kasai Canoe Slalom Centre

国内初の人工コースの施設。大会後は日本のカヌー競技や水上レジャーの施設として活用されます。

 

夢の島公園アーチェリー場 → Yumenoshima Park Archery Field

第一号として完成したのはアーチェリーの予選会場。決勝会場と両会場の客席は仮設ですが予選会上のプレーエリアは大会後も活用されます。

 

東京アクアティクスセンター → Tokyo Aquatics Centre

新しく整備される水泳場です。現在は辰巳国際水泳場が有名ですが、同水泳場は大会後に別の用途に変更され、アクアティクスセンターが水泳の聖地として引き継がれていく予定です。

 

東京辰巳国際水泳場 → Tatsumi Water Polo Centre

多くの大会を開催し多くのアスリートの思い入れがある会場です。大会時には水球の会場として使用されます。

 

幕張メッセ A・Bホール → Makuhari Messe Hall A・B

幕張メッセではA・Bのホールが使用されますが、フェンシング、テコンドー、レスリングが開催されます。

 

ボランティア英会話:禁煙について

東京オリンピックパラリンピックは完全禁煙の大会

東京オリンピックパラリンピックは完全禁煙の大会になると組織委員会より発表がありました。

 

これまでの大会でもスタジアム内での喫煙は禁止されていましたが、スタッフや大会関係者、もちろん選手も含めて、スタジアムや体育館のセキュリティエリア内(簡単に敷地内と考えていただければ問題ありません。)は一切喫煙ルームや喫煙スペースは設けられず、出るまでは禁煙となり、これまでで最もスモークフリーな大会を目指すとのことです。

 

なお、アイコスなどの電子タバコについても「たばこ」に含めるとされ、ひとしく禁じられるようです。

 

大会組織委員会によれば、会場の待機列などでたばこを吸い始めた来場者がいた場合、ボランティアなどにたばこの火消しと禁煙である旨のアナウンスをするように頼む方針とのことで、スモークフリーな大会を推し進める重要な役割をボランティアが担うことになります。

 

たばこに関する英会話

まずたばこを吸えるかどうか聞かれる場面を想像してみましょう。

 

Can I smoke (here)?

 

Where can I smoke?

 

大会会場でしたらこう言った聞かれ方をするのが一般的でしょう。

 

たばこは英語でシガレット cigaretteです。

 

東京オリンピックパラリンピックは完全禁煙の大会ですから答えはもちろんNoですね。

 

You cannot smoke here / inside the site.

 

Smoking will be banned at any indoor or outdoor Olympic or Paralympic venue.

 

会場内では吸えないことを伝えましょう。

 

諸外国では屋内での喫煙については厳しくされる一方、屋外では比較的喫煙が許されています。

 

日本ではどちらかというと外で吸えなくても、建物の中で吸えるケースが多いので、外国人観光客は混乱するかもしれません。

 

そんなときにサラッと案内できるとよいですね。

東京オリンピックの会場の英語名①:ボランティア英会話

東京オリンピック競技会場の分布

東京オリンピックの会場は大きくヘリテッジゾーンと東京ベイゾーンに分かれて分布しています。

 

ヘリテッジゾーンは前回の1964年の東京オリンピックで使われた会場などが集まるエリアで東京ベイゾーンは近年開発が進む東京を象徴するエリアとなっています。

 

また一部の会場は東北や千葉、神奈川などに分布しています。

 

オリンピック大会のボランティアで遭遇しうる場面のナンバーワンはもちろん会場への行き方を聞かれること。

 

競技会場にはこのオリンピックのために新しく新設されたものや仮設のものも多く、日本語でも迷子になってしまいそう。

 

しっかり英語とリンクさせて覚えておきましょう。

 

第一回目の東京オリンピックの会場の英語名①ではヘリテッジゾーンに位置する11の競技会場についてみていきます。

 

 

ヘリテッジゾーンの11の競技会場

オリンピックスタジアム → Olympic Stadium

新国立競技場です。隈研吾氏のデザインが採用され、神宮の杜をテーマとした競技場となりました。開閉会式や陸上で使用されます。

 

東京体育館 → Tokyo Metropolitan Gymnasium

1964年の大会では体操と水球の競技会場となった東京体育館。2020年には卓球の会場となります。

 

国立代々木競技場 → Yoyogi National Stadium

1964年には水泳とバスケットボールの会場でした。2020年にはハンドボールの会場となります。丹下健三氏のデザインで建築としても非常に名作といわれています。

 

日本武道館 → Nippon Budokan

その名の通り、空手と柔道の会場となります。日本柔道の金メダルラッシュに加え、新種目の空手にも注目です。

 

皇居外苑 → Imperial Palace Garden

日本を代表する公園として観光客が多く訪れる皇居外苑では競歩が開催されます。日常の東京の風景に溶け込んだオリンピックシーンが見られることでしょう。

 

東京国際フォーラム → Tokyo International Forum

丸の内の中心に位置するコンベンションセンター東京国際フォーラムですが、2020年オリンピック開催時にはウエイトリフティングの会場となります。

 

国技館 → Kokugikan Arena

日本の相撲の聖地である国技館ですが、オリンピックでは相撲ではなくボクシングの会場となります。ちょっと不思議な光景ですね。

 

馬事公苑 → Equestrian Park

馬事公苑では64年大会と同様に馬術の各種目が開催されます。

 

武蔵野の森総合スポーツプラザ → Musashino Forest Sport Plaza

京王飛田給を最寄りとする新設された施設です。周囲には東京スタジアムがあります。2020オリンピックの際にはバドミントンと近代五種のフェンシング会場となります。

 

東京スタジアム → Tokyo Stadium

サッカーJリーグFC東京東京ヴェルディのホームスタジアムとなっている東京スタジアム。サッカー、ラグビー近代五種の会場となります。新国立競技場(オリンピックスタジアム)と間違えないように!

 

武蔵野の森公園 → Musashinonomori Park

長く男子は約250km、女子は150km続く自転車ロードレースのスタートは武蔵野の森公園です。標高差1000mを超える過酷なレースのスタートを後押ししましょう。